2006年03月02日

暫くお休み致します。

ここにも、もうひとつのBlogにもたまに書いていた事なのですが

現在義母が入院しておりまして。
ここの所容態があまり良くなく、、、
プラス他にもいろいろと忙しい事もあり。

ずっと更新していなかったので今更感もありますが
落ち着くまでBlogの更新はお休みさせて頂きます。


復活したらまたヨロシクお願い致します^^
(本Blogのコピペでスミマセン)

2006年01月28日

ないすばーちゃん

昨日の事ですが。
義母を心配して遠くからやってきたおばあちゃん(義母の母)の世話を任されまして。
朝5時に起きて黒と一緒におばあちゃんが宿泊している叔母の家へ向かう。
(早朝というか、朝焼けの高速道路ってのは綺麗だね)
叔母の家で暫しご歓談(?)
おばあちゃんを車に乗せて都内の病院へ。

で、黒は昼から仕事だったのでそのまま仕事へ行き、私は1日中病院に居て、おばあちゃん及び義母のお世話をしていたワケなのですが。

いやぁ、おばあちゃんナイスですよ。

足弱+耳が遠いのですがね、
この、耳が遠いってのが、ないすな作用。

義父の事を義母はかなり心配というか、ずーっと
「あああ、とうさんが入院なんて事になっちゃったらウチはどうなるんだろう。もうおしまいだ。もう終りだ。とうさんまで癌になっちゃったらもうウチはどうにもならない」
的な事をですね、延々と繰り返してるのですが^^;

それに対するおばあちゃんの受け答えが

「え?ああ、ごはんは大丈夫だよ。心配しなくていいよ。ちゃんと皆で食べるから」
とか
「ああ、雪?雪はねぇ。これからも降るかも知れないよね、2月くらいまではなんともねぇ」
とか
「ああ、皆(おばあちゃんが一緒に暮らしている義母の兄一家)は元気だよ。風邪ひいたりはしてるけど○○(孫)も今年受験だしねぇ。頑張ってやってるよ」
とか

まるっきり関係のない話題で応酬してくるw

義母はベッドで天井を見上げながら
「。。。。。。ダメだこりゃ、全然聞こえてないよ。。。。。」
とつぶやいて「そうだね」と大きめの声でおばあちゃんに答えていたが
いやぁ、、、ウケましたw
最初は笑いを必死で堪えていたのですが、もういいやと途中からゲラゲラ笑ってしまったよ^^;

ばあちゃん、ホントに耳が遠いからなのか?
ホントは聞こえていてワザと話を逸らしてるんじゃないのか?
どっちかはわからないけど、、、
おばあちゃんのおかげで病室が暗くならずに済みました。
ばーちゃん、激しく感謝。


【おまけ話】
1階の喫煙室にて。
ばーちゃんも私も喫煙者。一緒に喫煙室に行き一服し終えた所で
自分の肩に大判のマフラーをかけていたのを取って手に持ち、
「そろそろ行こっか」
とおばあちゃんに声を掛けたところ
「え?あたしは寒くないよ。大丈夫だよ」
との答え。。。^^;

寒いから私がばーちゃんを気遣ってマフラーをかけてくれようとした。
そう、思ったんだろうな。ばーちゃん。

やっぱり聞こえてないのか。と思うのと同時に
ばーちゃん、優しいんだなぁ。。。と思いました。
本人が優しくないとそうは思えないんじゃないかな。。。
なんて優しい勘違い。
こんな優しい勘違いは、嬉しくてあったかくて、切ない。

ごめんね。マフラー、最初からばーちゃんにかけてあげれば良かった。

そう思ったので、持っていたマフラーでばーちゃんをグルグル巻きにした。
ばーちゃんは笑いながら
「いつもはちゃんと自分の襟巻き持ってきてるんだけどねぇ」
と言ってた。
「襟巻き」という言い方も、なんだか良いなぁ。。。
とほんわり思いました。


なんだか昨日はずっとばーちゃんに救われていた気がする。
たくさんの事を教えられた気がする。

ありがとう、ばーちゃん。大好きだ。

2006年01月26日

どうなる。。。?

前回書いた友達、近くに住む事が確定して大喜びしていた矢先。

義母、緊急に再手術。
そして義父までもが大腸に疾患が見られ。。。
内視鏡検査する事になりました。
検査の結果如何によっては
義父も入院になるかも。。。




黒の家族、去年のG.W前からの義母の入院以来、
皆無理してボロボロ。。。

どうなっちゃうのかなぁ。。。この先。。。


不安がいっぱい。。。


今、義母を心配したおばあちゃんが遠くから来ていて
明日は1日おばあちゃんに付き添い。
おばあちゃんも歩行困難で、一人では動けないので
誰かが付き添わないと。



黒家の事を考えるとやっぱりどうしても暗くなる。。。


でも皆頑張って協力しながら動いてる。
私も頑張らないとな。。。

2006年01月22日

なんだか。。。♪

なんかさぁ。なんか。。。
最近めっちゃ楽しい気分になってきたかも。。。ぴかぴか(新しい)

なんだか最近良い事楽しみな事が増えてきたグッド(上向き矢印)

たまに嫌な話も耳に入ってきたりするんだけどw
そんなんもぉ本当にどーでもええわ(*´∇`*)


とりあえず明日、風邪はまだグズグズしてるが
友達の引越し先探しに付き合ってくるわー♪
ホントにあそこらへんに決めてくれたら
めっちゃ近くなる♪

今までやつとこんなに近くに住んだことないぞ♪
いつも「もっと近かったらねぇ」が口癖だったのに〜
ってまぁ、1年振りくらいで会っても
いつもあんま違和感ないんだけどさw

あーしかしっ近所になったらメチャメチャ嬉しいるんるん
うーっ楽しみ楽しみ揺れるハート


おまけに今月はこんな事もあるし、春にはあんな事も。。。ハートたち(複数ハート)

あーやばい。嬉しい。思わずニヤニヤしちゃう。


とりあえずこれからの為に早く風邪治して
やるべき事を片付けよう!おう!手(グー)

2006年01月17日

そういえばコッチはコレが今年最初の投稿だった。

最近友達との会話の中によく「ウツ」が出てくる。
周りでウツの人が増えている。
そういう時代なのか。。。
いろんな話を聞いて、ウツもいろいろなのだな。。。と思う。

「治したい」「治そう」と頑張っている人を見ると純粋に応援したくなるが
病気を楯にというか、いろんな事への言い訳に自分が病気だという事を便利に使っているように見える人を見ると
(一生懸命言い訳したり取り繕ったりしてても、そういうのって見えちゃうものだ。)
これまた純粋に腹が立ったり。


でもそれで良いのかも知れないなぁ。。。
なんて思ったりも。

それでっていうのは、んー、、、
相手が病気だからと変に気を遣うより
「そういう事を言われれば腹が立ちます」と素直に言っちゃってもいいんじゃないか?と。


それで相手が「私は病気なのにヒドイ」とかって言うようなら
この先付き合えないし、ヒドイと思うならヒドイで結構です。
って感じ。


まるで自分が被害者であるような口ぶりで
平気で誰かを傷つけたり自分の怒りを人にぶつけたり、
そういうのを都合良く病気のせいにしたりするのは
やっぱり卑怯だと思う。

病気なのに赦してくれない、優しくしてくれない、
という事で相手を詰るのも筋違いだと思うし。


友人の会社には、うつ病の人が数人居るそうだが
その中の一人が、そういう風に「言い訳」的に病気を使って周囲の人を困らせている、という。
結局、その人は周囲の人間から腫れ物に触るように扱われているそうだ。
ちょっとした事で機嫌を損ねると大騒ぎになるので
触らぬ神に祟りなしとばかりに
皆にこやかに当たり障りなく、避けていると相手に気取られぬように(対峙する事を)避けている。

まともに対峙すれば「傷つけられた」と泣いたり怒ったりする人は
面倒だし疲れるし、こっちも傷つくし腹も立つ。
精神衛生上非常によろしくないので、自然な流れと言えばそうだろうなと思う。

人にはそれぞれ地雷ポイントがあるが
自分の周り中に地雷を置きまくっている人とは
なるべくお近づきになりたくないと思うのが人情。
爆撃で痛い思いをするのは誰だって嫌だもの。

で、結局どうして良いのかわからずに
当たらず障らず逆らわず。適当にあしらうようになってしまうのである。



かなしいな。。。どっちも。



なのでやっぱり、せめて自分が大切だと思う人にだけは
そんな風に「見ないフリをして流す」ような事はしたくないと、思う。

出来る時に、出来るだけ。自分の出来る範囲で頑張ってみよう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。